All Audio Requests Matching poetry

Takuboku
172 Words / 1 Recordings / 0 Comments
"Любіть Україну, як сонце, любіть, як вітер, і трави, і води… В …"
Kuunhalme
193 Words / 2 Recordings / 2 Comments
"Der Anfänger Du Freundlicher, der mich zu allem führte, o geh mit …"
per_iocum
838 Characters / 3 Recordings / 1 Comments
"石川啄木の本名は石川一で、1886年に岩手県で生まれました。小学校時代には神童と呼ばれました。神童というのは、才知の極めてすぐれている子供という意味です。 旧制中学(つまり、今で言う高校)で 金(きん)田(だ)一(いち)京(きょう)助(すけ)と知り合って『明星』を愛読し、特に与謝野晶子(よさしゃのあきここ)の「みだれ髪」が好きでした。 そういうわけで、文学に対する関心が高まる一方で次第に学業を怠るようになっていきました。 1902年には中学を自主退学し、文士文学者として身を立てるために東京に行きました。けれども、出版社への就職がうまくいかないで、結核の発病もあって、ほとんどすぐ帰郷に帰りました。翌年に『明星』の 創始者・与謝野鉄幹(よさのてっかん)が心からあつく歓(かん)迎(げい)してくれました。そして石川は「啄木」の号を与えてもらって詩作や評論を活発に行いました。 1905年には第一の詩集の『あこがれ』を出版して天才詩人として賞賛されました。 文学者としての名声は上がる一方で生活は苦しくなって、1906年に小学校の代用教員として働き始めました。翌年には北海道へひっこして様々な職を転々としながら家族の生活を何とか支えていました。 文学を諦めきれない啄木は1908年に小説家として再び東京に出ました。けれども、小説家としての才能は認められなくて、朝日新聞の校正係として就職し、しばらくしてから朝日歌壇の選者になりました。 この年に北海道に残してきた家族を東京へ呼び戻しましたが、妻と姑の仲が悪化し、妻が実家へ帰るなどのトラブルも多かったです。 1910年には第一の短歌集『一握の砂』を出版し、口語的な三行書きや鮮やかな表現技法から啄木は生活派詩人として知られるようになりました。 1912年、肺結核によってたった26歳の石川は死亡(しぼう)しました。 …"
per_iocum
210 Characters / 3 Recordings / 8 Comments
"石川啄木の本名は石川一で、1886年に岩手県で生まれました。小学校時代には神童と呼ばれました。神童というのは、才知の極めてすぐれている子供という意味です。 旧制中学(つまり、今で言う高校)で 金(きん)田(だ)一(いち)京(きょう)助(すけ)と知り合って『明星』を愛読し、特に与謝野晶子(よさしゃのあきここ)の「みだれ髪」が好きでした。 そういうわけで、文学に対する関心が高まる一方で次第に学業を怠るようになっていきました。"
per_iocum
214 Characters / 3 Recordings / 2 Comments
"1902年には中学を自主退学し、文士文学者として身を立てるために東京に行きました。けれども、出版社への就職がうまくいかないで、結核の発病もあって、ほとんどすぐ帰郷に帰りました。翌年に『明星』の 創始者・与謝野鉄幹(よさのてっかん)が心からあつく歓(かん)迎(げい)してくれました。そして石川は「啄木」の号を与えてもらって詩作や評論を活発に行いました。 1905年には第一の詩集の『あこがれ』を出版して天才詩人として賞賛されました。"
per_iocum
188 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"文学者としての名声は上がる一方で生活は苦しくなって、1906年に小学校の代用教員として働き始めました。翌年には北海道へひっこして様々な職を転々としながら家族の生活を何とか支えていました。 文学を諦めきれない啄木は1908年に小説家として再び東京に出ました。けれども、小説家としての才能は認められなくて、朝日新聞の校正係として就職し、しばらくしてから朝日歌壇の選者になりました。"
per_iocum
223 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"この年に北海道に残してきた家族を東京へ呼び戻しましたが、妻と姑の仲が悪化し、妻が実家へ帰るなどのトラブルも多かったです。 1910年には第一の短歌集『一握の砂』を出版し、口語的な三行書きや鮮やかな表現技法から啄木は生活派詩人として知られるようになりました。 1912年、肺結核によってたった26歳の石川は死亡(しぼう)しました。 同年に友人達が力を合わせて啄木の第二詩集の『悲しき玩具』を出版しました。その詩集は各方面の文学者の絶賛をあびました。"
per_iocum
139 Characters / 3 Recordings / 3 Comments
"まれにある この平なる心には 時計の鳴るもおもしろく聴く さばかりの事に死ぬるや さばかりの事に生くるや 止せ止せ問答 雨降れば わが家の人誰も誰も沈める顔す 雨霽れよかし 東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる …"
justinbird
279 Words / 2 Recordings / 0 Comments
"Rappelle-toi Barbara Il pleuvait sans cesse sur Brest ce jour-la Et tu …"
leoboiko
15 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"三更有夢書當枕 千里懐人月在峰"