Psst...

Hey, do you want to get language learning tips and resources every week? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Queue

fdelbrayelle
1338 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"私は其人を常に先生と呼んでゐた。だから此處でもたゞ先生と書く丈で本名を打ち明けない。是は世間を憚かる遠慮といふよりも、其方が私に取つて自然だからである。私は其人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」と云ひたくなる。筆を執つても心持は同じ事である。餘所々々しい頭文字抔はとても使ふ氣にならない。 私が先生と知り合になつたのは鎌倉である。其時私はまだ若々しい書生であつた。暑中休暇を利用して海水浴に行つた友達から是非來いといふ端書を受取つたので、私は多少の金を工面して、出掛る事にした。私は金の工面に二三日を費やした。所が私が鎌倉に着いて三日と經たないうちに、私を呼び寄せた友達は、急に國元から歸れといふ電報を受け取つた。電報には母が病氣だからと斷つてあつた。けれども友達はそれを信じなかつた。友達はかねてから國元にゐる親達に勸まない結婚を強ひられてゐた。彼は現代の習慣からいふと結婚するにはあまり年が若過ぎた。それに肝心の當人が氣に入らなかつた。夫で夏休みに當然歸るべき所を、わざと避けて東京の近くで遊んでゐたのである。彼は電報を私に見せて何うしやうと相談をした。私には何うして可いか分らなかつた。けれども實際彼の母が病氣であるとすれば彼は固より歸るべき筈であつた。それで彼はとう/\歸る事になつた。折角來た私は一人取り殘された。 學校の授業が始まるにはまだ大分日數があるので、鎌倉に居つても可し、歸つても可いといふ境遇にゐた私は、當分元の宿に留まる覺悟をした。友達は中國のある資産家の息子で金に不自由のない男であつたけれども、學校が學校なのと年が年なので、生活の程度は私とさう變りもしなかつた。從つて一人坊ちになつた私は別に恰好な宿を探す面倒も有たなかつたのである。 宿は鎌倉でも邊鄙な方角にあつた。玉突だのアイスクリームだのといふハイカラなものには長い畷を一つ越さなければ手が屆かなかつた。車で行つても二十錢は取られた。けれども個人の別莊は其所此所にいくつでも建てられてゐた。それに海へは極近いので海水浴を遣るには至極便利な地位を占めてゐた。 私は毎日海へ這入りに出掛けた。古い燻ぶり返つた藁葺の間を通り拔けて磯へ下りると、此邊にこれ程の都會人種が住んでゐるかと思ふ程、避暑に來た男や女で砂の上が動いてゐた。ある時は海の中が錢湯の樣に黒い頭でごちや/\してゐる事もあつた。其中に知つた人を一人も有たない私も、斯ういふ賑やかな景色の中に裹まれて砂の上に寐そべつて見たり、膝頭を波に打たして其所いらを跳ね廻るのは愉快であつた。 私は實に先生を此雜沓の間に見付出したのである。其時海岸には掛茶屋が二軒あつた。私は不圖した機會から其一軒の方に行き慣れてゐた。長谷邊に大きな別莊を構へてゐる人と違つて、各自に專有の着換場を拵えてゐない此所いらの避暑客には、是非共斯うした共同着換所といつた風なものが必要なのであつた。彼等は此所で茶を飮み、此所で休息する外に、此所で海水着を洗濯させたり、此所で鹹はゆい身體を清めたり、此所へ帽子や傘を預けたりするのである。海水着を持たない私にも持物を盗まれる恐れはあつたので、私は海へ這入る度に其茶屋へ一切を脱ぎ棄てる事にしてゐた。"
TheDoctor
24 Characters / 3 Recordings / 1 Comments
"私の名前はJardaで、チェコ共和国から来ました"
Iris16
766 Characters / 3 Recordings / 4 Comments
"むかし、むかし、ある所におじいさんとおばあさんが住んでいました。とても貧しくて暮らしは大変でした。 ある日のことです。おじいさんは、いつものようの焚き木を取りに山に出かけました。そこでおじいさんは、うさぎがわなにかかっているのを見つけました。おじいさんは、うさぎを助けてやりました。 数日たったある日のことです。白い着物をきた娘さんがやってきました。 「ご免ください。お邪魔します。私は火事で親と家を失ってしまいました。行くあてがありません。どうかここにおかせて下さい。何でもいたします。」 「わかりました。もしよければこの家にいて下さい。でも、ご覧の通り、貧しくて米もありません。」とおじいさん。 おじいさんとおばあさんには子供がなかったので、娘さんを我が子のようにかわいがりました。 娘さんは、たんぼや焚き木取りでおじいさんを、炊事、洗濯、針仕事でおばあさんを、一生懸命手伝いました。しかし、働けど、働けど、生活は楽になりませんでした。 満月のある晩のことです。娘さんは二人に言いました。 「おじいさん、おばあさん。実を言うと、私は、山で助けられたうさぎです。私は月から地上の友達に会いに来たのです。でも迂闊にもわなにかかってしまいました。親切にお返ししたいと思いました。でも、何のお役に立てません。おじいさん、おばあさんはいつも食べるものもなく貧しいままです。もう私ができることは・・・どうか私を食べて下さい。」 と言うや否や、娘さんは白うさぎに姿をかえると、囲炉裏で、汁物が煮られている大なべの中へ飛びこみました。 あっと言う間のことでした。汁からでた湯気が高く上がり、月まで昇っていきました。 何と、満月の中に、うさぎが微笑み、米をついているではありませんか。 ..."
tt
31 Characters / 3 Recordings / 2 Comments
"日本語は文字が多くて難しいですが、頑張って勉強してくださいね!"
WolDstn
98 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"打ち上げを5日に控え、ケネディ宇宙センターに到着した山崎直子さん。後ろは一緒に飛ぶ女性飛行士2人=1日午前6時57分、米フロリダ州ケネディ宇宙センター、勝田写す ( 2010年4月2日1時12分更新)"
Jmsm19
1005 Characters / 3 Recordings / 2 Comments
"ぼくが6つのとき、よんだ本にすばらしい絵があった。『ぜんぶほんとのはなし』という名まえの、しぜんのままの森について書かれた本で、そこに、ボアという大きなヘビがケモノをまるのみしようとするところがえがかれていたんだ。だいたいこういう絵だった。 「ボアというヘビは、えものをかまずにまるのみします。そのあとはじっとおやすみして、6か月かけて、おなかのなかでとかします。」と本には書かれていた。 そこでぼくは、ジャングルではこんなこともおこるんじゃないか、とわくわくして、いろいろかんがえてみた。 それから色えんぴつで、じぶんなりの絵をはじめてかいてやった。 さくひんばんごう1。 それはこんなかんじ。 ぼくはこのけっさくをおとなのひとに見せて、こわいでしょ、ときいてまわった。 でもみんな、「どうして、ぼうしがこわいの?」っていうんだ。 この絵は、ぼうしなんかじゃなかった。 ボアがゾウをおなかのなかでとかしている絵だった。 だから、ぼくはボアのなかみをかいて、おとなのひとにもうまくわかるようにした。 あのひとたちは、いつもはっきりしてないとだめなんだ。 ..."
PaliZone
46 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず"
ftwremy
215 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"今日、プログラムコンペは五時間かかりました。三十チームがあった、チームは三人グループでございました。みんなは十個のしつもんをもらいました。できるだけたくさんのしつもんにこたえることになっていましたが、本当むずかしかったですよ!一番のチームは二問こたえました。そして、半分のチームはぜんぜんこたえられませんでした。私達のチームもぜんぜんこたえられないチームでした。ざんねんだったけど、楽しかったので来年のコンペを楽しみにしています!"
aick
171 Characters / 3 Recordings / 2 Comments
"エジプト最大のイスラム原理主義勢力、ムスリム同胞団の最高幹部の一人で カイロ大学教授のラシャド・バイユーミ氏は2日までに、ムバラク大統領退陣後の 政権で主導権を握ることに強い意欲を示し、エジプトが1979年にイスラエルと 締結した平和条約を破棄するほか、米国の援助拒否、シャリア(イスラム法)導入 など、政策の抜本的修正を目指す意向を表明した"
pure_snow
100 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"そこでガイド線だ。昔から一眼レフカメラでは、ガイド線が入ったタイプのファインダースクリーンが別売りされていた。液晶画面でプレビューする事が多い今では、たいていのカメラでガイド線の表示を行うことができる"