Psst...

Do you want to get language learning tips and resources every week or two? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Recordings

Guestmaster
195 Characters / 2 Comments
[ Show Text ]

Recordings

  • WARNING Copying of any Nintendo software ( recorded by Macky ), Tokyo(Normal)

    Download Unlock
Guestmaster
384 Characters / 3 Comments
[ Show Text ]

Recordings

Guestmaster
680 Characters / 3 Comments
[ Show Text ]

Recordings

LanguageSpider
802 Characters / 2 Comments
[ Show Text ]

Recordings

Guestmaster
211 Characters / 2 Comments
[ Show Text ]

Recordings

  • Final Fantasy VII (manual prologue) ( recorded by Macky ), Tokyo(Normal)

    Download Unlock
Guestmaster
55 Characters / 2 Comments
[ Show Text ]

Recordings

  • Tactics Ogre: Let Us Cling Together ( recorded by Macky ), Tokyo(Normal)

    Download Unlock
Guestmaster
303 Characters / 3 Comments
[ Show Text ]

Recordings

Guestmaster
560 Characters / 1 Comments
[ Show Text ]

Recordings

  • Pokémon Yellow Version: Special Pikachu Edition ( recorded by fujimuu ), Standard

    Download Unlock
    Corrected Text
    more↓

    旅の始まり

    イエロー(主人公)は11歳。
    マサラタウンに母親と暮らしており、となりには幼馴染みのブルー(ライバル)が住んでいます。
    小さい頃はいっしょに遊んだ2人でしたが、最近のブルーはイエローによくつっかかります。
    どうもブルーは、年も同じ、背の高さも、成績も同じくらいのイエローを、自分のライバルとして意識しているようなのです。
    ある日、イエローは、この町に住むオーキド博士がポケットモンスター (通称ポケモン)の研究をしているというウワサを耳にしました。
    好奇心旺盛なイエローはいてもたってもいられません。
    イエローがポケモンを探しに行こうと町外へ一歩踏み出したそのときです。

    「おーい!草むらに入っちゃいかーん!」
    その声の主はオーキド博士。
    草むらには野生のポケモンが生息しているので、大変キケンなのだそうです。
    自分もポケモンを持っていれば戦わせることもできると言うのですが・・・・。
    さて、研究所に連れてこられたイエロー。
    そこにはブルーの姿がありました。
    ブルーはオーキド博士の孫で、博士に呼びつけられたというのです。
    オーキド博士は2人の少年にむかってこう言いました。
    「ここにわしが用意したポケモンがいる。それをきみにやろう!」
    さて、ポケモンを受け取ったイエローを待ち受けているものは・・・・?

Guestmaster
390 Characters / 1 Comments
[ Show Text ]

Recordings

Guestmaster
840 Characters / 2 Comments
[ Show Text ]

Recordings

Overview

To make a new Audio Request or Script Request, click on Make a Request at the top of the page.

To record or transcribe for users learning your language, click on Help Others at the top of the page.

Recording and transcribing for other users will earn you credits and also move your own Requests ahead in the queue. This will help you get your requests recorded and/or transcribed faster.