All Audio Requests Matching the

doorkick
281 Words / 2 Recordings / 1 Comments
"That's all I'm going to tell about. I could probably tell you ..."
Holywinterwind
57 Words / 1 Recordings / 1 Comments
"If misery be the effect of virtue,it ought to be reverenced;if of ..."
Arturro34
524 Words / 1 Recordings / 1 Comments
"EL DÍA DEL TRABAJO A partir de 1881 los trabajadores de los ..."
pgarces
168 Words / 1 Recordings / 0 Comments
"the lamp the enemy I love flowers and birds Elephants can't fly ..."
a an the
Iris16
766 Characters / 3 Recordings / 4 Comments
"むかし、むかし、ある所におじいさんとおばあさんが住んでいました。とても貧しくて暮らしは大変でした。 ある日のことです。おじいさんは、いつものようの焚き木を取りに山に出かけました。そこでおじいさんは、うさぎがわなにかかっているのを見つけました。おじいさんは、うさぎを助けてやりました。 数日たったある日のことです。白い着物をきた娘さんがやってきました。 「ご免ください。お邪魔します。私は火事で親と家を失ってしまいました。行くあてがありません。どうかここにおかせて下さい。何でもいたします。」 「わかりました。もしよければこの家にいて下さい。でも、ご覧の通り、貧しくて米もありません。」とおじいさん。 おじいさんとおばあさんには子供がなかったので、娘さんを我が子のようにかわいがりました。 娘さんは、たんぼや焚き木取りでおじいさんを、炊事、洗濯、針仕事でおばあさんを、一生懸命手伝いました。しかし、働けど、働けど、生活は楽になりませんでした。 満月のある晩のことです。娘さんは二人に言いました。 「おじいさん、おばあさん。実を言うと、私は、山で助けられたうさぎです。私は月から地上の友達に会いに来たのです。でも迂闊にもわなにかかってしまいました。親切にお返ししたいと思いました。でも、何のお役に立てません。おじいさん、おばあさんはいつも食べるものもなく貧しいままです。もう私ができることは・・・どうか私を食べて下さい。」 と言うや否や、娘さんは白うさぎに姿をかえると、囲炉裏で、汁物が煮られている大なべの中へ飛びこみました。 あっと言う間のことでした。汁からでた湯気が高く上がり、月まで昇っていきました。 何と、満月の中に、うさぎが微笑み、米をついているではありませんか。 ..."
gihar
138 Words / 2 Recordings / 2 Comments
"The Hai Tua is a trick that involves the pen spinning around ..."
gihar
151 Words / 2 Recordings / 1 Comments
"The Decimal System. You are undoubtedly familiar with the decimal numbering system, ..."
itziaririarte
1616 Words / 1 Recordings / 0 Comments
"Sexism in the Middle School classroom I'm 13 years old and in ..."
BenS
17 Characters / 1 Recordings / 1 Comments
"漢皇重色思傾國, 御宇多年求不得。"
berost90
15 Words / 2 Recordings / 1 Comments
"The cat cuts the wood. The cats cut the wood. The cat ..."