All Audio Requests Matching japanese

lexingtonstar22
128 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"1。メイソンさんは日本へ行ったあとで病気になった。 2。私は授業のあとで図書館に行った。 3。ご飯を食べたあとすぐ勉強しました。 4。山田さんはビールを飲んだあと寝てしまった。 5。戦争が終わったあとで東京にもどりました。 6。食事のあとでテニスをした。"
lexingtonstar22
155 Characters / 2 Recordings / 1 Comments
"1。この薬を飲めばよくなります。 2。これは松本先生に聞けば分かります。 3。その町は車で行けば三十分で行ける。 4。安ければ買います。 5。時間があれば京都へも行きたい。 6。見たければ見なさい。 7。出来ればこれもやってください。 8。もっと安ければ買いました。 9。雨が降ればよく家で本を読んだものだ。"
lexingtonstar22
300 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"1。デザートは食べるばかりになっている。 2。智子は遊んでばかりいます。 3。私は昼ご飯を食べたばかりです。 4。このレストランは安いばかりだ。 5。デニスはビールばかり飲んでいる。 6。私は一月ばかりパリにいた。 7。このレポートはあと結論を書くばかりだ。 8。春江は泣いてばかりいて何も話そうとしない。 9。松山さんは今シカゴに着いたばかりです。 10。この仕事はめんどうなばかりであまりもうかりません。 11。この寮に住んでいるのは男子学生ばかりだ。 12。フィッシャー先生はリサとばかり話している。 ..."
languagenut
1673 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"これは、あるおとこのこのものがたりです。 こんにちは!あなたのなまえは? ぼくのなまえはジャックです。 ジャックは、まずしいです...ははおやは、まずしいです... ジャックと、ははおやは、まずしいです、とてもまずしいです。 あさごはんに、たべるものもなく... ひるごはんに、たべるものもなく... ゆうごはんに、たべるものもなく... なにもありません! ははおやは、いいます: 「ジャック、めうしをうりましょう」 モー、モー、モー、モー、モー。 ..."
munia
9 Characters / 1 Recordings / 1 Comments
"濁点 (だくてん)"
pirateprincess
191 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"財布の中には食べ物と飴のためのお金があります。女性は彼の車の中にいますが、男性はカウチの上にいます。食べ物はテーブルの上にありますが、飴は箱の中にあります。女の子は椅子の所にいますが、男の子はベッドにいます。私は建物の所にいて、マネージャーはテーブルの所にいます。ランプはテーブルの上にあります。コーヒーもテーブルの上にあります。女の子はバスに乗っていて、男の子はドアの所にいます。"
languagenut
466 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"こんにちは。 僕の名前は、ジョン。 魔法使いなんだ。 君も、僕の魔法を手伝えるんだよ。 簡単さ!10まで数えるんだ。 練習しよう。準備はいい? 1 2 3 4 5 6 ..."
munia
24 Characters / 1 Recordings / 1 Comments
"あ!ご ごめんなさい。これは売り物ではないです。"
munia
13 Characters / 1 Recordings / 1 Comments
"・・・に言葉を入れなさい。"
reflorance
480 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"日本初の独自の本草書『大和本草』(1709年)には、絵と共に蛾に似ているなどという記述がある。本草学者である小野蘭山の『本草綱目啓蒙』(1806年)によると、江戸時代の関東地方ではカブトムシのことを「さいかち」と呼んでいたことが記されている。この由来についてはサイカチの樹液に集まると考えられていたという説、カブトムシの角がサイカチの枝に生えた小枝の変形した枝分かれした刺に似ているからだとする説がある。また、『千虫譜』(1811年)には、カブトムシは独角僊と紹介され、子供がカブトムシに小車を引かせて遊んでいると書かれている。 カブトムシは、日本ではその独特な姿形を「格好いいもの」と考える人が多く存在し、特に小学生程度の年齢の子供に人気がある。カブトムシの成虫が現れる7-9月は小中学校が夏休みにあたるため、この時期の深夜から早朝にかけて、山林に生息するカブトムシを捕まえにいくことが子供たちの夏期の楽しみの一つになっている。子供たちは捕まえたカブトムシを、しばしば上記した飼育方法によって飼育する。また観察日記を夏休みの自由研究として記録する子供も多い。"