Psst...

Do you want to get language learning tips and resources every week or two? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Audio Request

wwmacedo
826 Characters / 1 Recordings / 1 Comments
Note to recorder:

私はウイリアムです。I'm learning 日本語 from the basics.
1. Please Slow Speed.
2. Correct the words.

Thank you so much! 
ありがとうございます。

P.S.:I'd like to receive this tale with kanjis if is possible. So you can send it in a coment, thank you again. :D

つるのおんがえし

むかし むかし あるあさ わかものが くさかりにいくと つるが わなに 
かかっていました。

かわいそうに おもった わかものは わなを ていねいに はずしてやりました。

つるは うれしそうに とんでいきました。

とん とん とん。

よるに なって だれかが わかものの いえの とを たたく 
おとが しました。

みると うつくしい むすめが たっていました。

「みちに まよったので いえに とめてください。」

いちにちたっても むすめは かえろうとしません。

「あなたの およめに してください。」

「おれは びんぼうなので よめに できない。」

「びんぼうでも いいから およめに してください。」

こうして ふたりは なかよく くらしはじめました。

しばらくしてから むすめは わかものに はたおりべやを 
つくってほしいと たのみました。

「わたしが はたを おっているあいだは けっして へやを 
のぞかないでくださいね。」

もすめは へやに はいって はたおりを はじめ あさになると 
きれいな ぬのを もって でてきました。

「この ぬのを まちで うってきてください。」

ぬのは たかい ねだんで すぐに うれました。

「けっして へやを のぞかないでくださいね。」

むすめは まいばん きれいな ぬもを おりますが わかものは いとも 
かってやらなかったのに どうして ぬのが おれるのか きになってきました。

とうとう がまんが できなくなった わかものは へやを 
のぞいて おどろきました。

つるが はねを ぬきとって ぬのを おっていたのです。

「わたしは あなたに たすけられた つるです。
すがたを みられたので おわかれするしかありません。」

むすめは へやから でてきて そういうと つるの 
すがたになって とんでいってしまいました。

END

Recordings

  • つるのおんがえし Tale ( recorded by fujimuu ), Standard

    Download Unlock
    Corrected Text
    more↓

    つるのおんがえし

    むかし むかし あるあさ わかものが くさかりにいくと つるが わなに 
    かかっていました。

    かわいそうに おもった わかものは わなを ていねいに はずしてやりました。

    つるは うれしそうに とんでいきました。

    とん とん とん。

    よるに なって だれかが わかものの いえの とを たたく 
    おとが しました。

    みると うつくしい むすめが たっていました。

    「みちに まよったので いえに とめてください。」

    いちにちたっても むすめは かえろうとしません。

    「あなたの およめに してください。」

    「おれは びんぼうなので よめに できない。」

    「びんぼうでも いいから およめに してください。」

    こうして ふたりは なかよく くらしはじめました。

    しばらくしてから むすめは わかものに はたおりべやを 
    つくってほしいと たのみました。

    「わたしが はたを おっているあいだは けっして へやを 
    のぞかないでくださいね。」

    すめは へやに はいって はたおりを はじめ あさになると 
    きれいな ぬのを もって でてきました。

    「この ぬのを まちで うってきてください。」

    ぬのは たかい ねだんで すぐに うれました。

    「けっして へやを のぞかないでくださいね。」

    むすめは まいばん きれいな ぬを おりますが わかものは いとも 
    かってやらなかったのに どうして ぬのが おれるのか きになってきました。

    とうとう がまんが できなくなった わかものは へやを 
    のぞいて おどろきました。

    つるが はねを ぬきとって ぬのを おっていたのです。

    「わたしは あなたに たすけられた つるです。
    すがたを みられたので おわかれするしかありません。」

    むすめは へやから でてきて そういうと つるの 
    すがたになって とんでいってしまいました。

    END

Comments

fujimuu
Jan. 16, 2020

鶴の恩返し

昔々ある朝、若者が草刈りに行くと
鶴が罠にかかっていました。

可愛そうに思った若者は
罠を丁寧に外してやりました。

鶴は嬉しそうに飛んで行きました。

トン、トン、トン。

夜になって、誰かが若者の家の戸を叩く音がしました。

見ると美しい娘が立っていました。

「道に迷ったので家に泊めて下さい。」

一日たっても娘は帰ろうとしません。

「あなたのお嫁にして下さい。」

「俺は貧乏なので嫁に出来ない。」

「貧乏でも良いからお嫁にして下さい。」

こうして二人は仲良く暮らし始めました。

暫くしてから娘は若者に機織部屋を作って欲しいと頼みました。

「私が機を織っている間は決して部屋を覗かないで下さいね。」

娘は部屋に入って機織を始め、朝になると綺麗な布を持って出てきました。

「この布を町で売ってきて下さい。」

布は高い値段で直ぐに売れました。

「決して部屋を覗かないで下さいね。」

娘は毎晩綺麗な布を織りますが、若者は糸も買ってやらなかったのにどうして布が織れるのか気になってきました。

とうとう我慢が出来なくなった若者は部屋を覗いて驚きました。

鶴が羽根を抜き取って布を織っていたのです。

「私はあなたに助けられた鶴です。
姿を見られたのでお別れするしかありません。」

娘は部屋から出てきて、そう言うと
鶴の姿になって飛んでいってしまいました。

END