Psst...

Do you want to get language learning tips and resources every week or two? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Audio Request

renfisch77
1062 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
Note to recorder:

(This article was in kids newspaper 「なぜ?」 something about kayui skin ;D

◇ヒスタミンと神経(しんけい)ペプチドで増幅(ぞうふく)

 東京医科大学皮膚科学講座(とうきょういかだいがくひふかがくこうざ)の大久保(おおくぼ)ゆかり准教授(じゅんきょうじゅ)によると、かゆみが起(お)きる詳(くわ)しいメカニズムはまだ分(わ)かっていないそうです。でも、大(おお)きなカギを握(にぎ)るのが、皮膚(ひふ)の肥満細胞(ひまんさいぼう)と呼(よ)ばれる細胞(さいぼう)から分泌(ぶんぴつ)されるかゆみ物質(ぶっしつ)「ヒスタミン」の存在(そんざい)です。

 ヒスタミンは痛(いた)みやかゆみを感(かん)じる「知覚神経(ちかくしんけい)」に作用(さよう)し、その刺激(しげき)が「かゆみ」として脳(のう)に伝(つた)えられます。同時(どうじ)に、その刺激(しげき)によって神経(しんけい)ペプチドと呼(よ)ばれる神経伝達物質(しんけいでんたつぶっしつ)が出(で)て、この神経(しんけい)ペプチドがまた、肥満細胞(ひまんさいぼう)を刺激(しげき)し、ヒスタミンが分泌(ぶんぴつ)されます。

 つまり、かくと知覚神経(ちかくしんけい)が刺激(しげき)され、神経(しんけい)ペプチドが出(で)てヒスタミンの分泌(ぶんぴつ)を促(うなが)し、ヒスタミンがまた知覚神経(ちかくしんけい)に作用(さよう)する、という悪循環(あくじゅんかん)が起(お)こるのです。こうして、どんどんかゆみは広(ひろ)がっていくんですね。
 ◇日常的(にちじょうてき)に全身(ぜんしん)の保湿(ほしつ)を

 かゆみの原因(げんいん)の一(ひと)つには、皮膚(ひふ)の乾燥(かんそう)(ドライスキン)も考(かんが)えられます。正常(せいじょう)な皮膚(ひふ)の表皮(ひょうひ)は、水分(すいぶん)と油分(あぶらぶん)(皮膚(ひふ)に含(ふく)まれる脂質(ししつ))によって外(そと)から菌(きん)などの異物(いぶつ)が侵入(しんにゅう)するのを防(ふせ)ぐバリア機能(きのう)があります。

 しかし、皮膚(ひふ)が乾燥(かんそう)すると、皮膚(ひふ)の表面(ひょうめん)から水分(すいぶん)や油分(ゆぶん)が失(うしな)われ、外(そと)からの刺激(しげき)に無防備(むぼうび)になります。そこで、ちょっとした刺激(しげき)にも敏感(びんかん)に反応(はんのう)してしまい、かゆくなるのです。無意識(むいしき)にかいていると、バリア機能(きのう)はさらに壊(こわ)され、ここでもまた「かゆみの悪循環(あくじゅんかん)」が起(お)きます。

Recordings

  • 毎日小学区の新聞の記事(部分) ( recorded by dandelion8 ), Standard Japanese

    Download Unlock
  • 毎日小学区の新聞の記事(部分) ( recorded by ryujiro ), native Japanese

    Download Unlock

Comments