Psst...

Hey, do you want to get language learning tips and resources every week? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Audio Request

naruru
938 Characters / 2 Recordings / 1 Comments
Note to recorder:

Natural speed please

昔々、あるところに、かわいいお姫様がいました。お姫様はお城の近くの泉のほとりでマリ投げをするのが大好きです。ところがあるとき、投げた金色のマリが泉の中にころがって、そのまましずんでしまいました。

「 ああ、どうしよう・・・」

しずんでいく金色のマリを見て、お姫様はシクシクと泣き出しました。

すると、
「 泣いたりして、どうしたのですか?かわいいお姫様」

なんと、泉の中からみにくいカエルが呼びかけてきたのです。 お姫様はちょっとビックリしましたが、カエルに言いました。

「 大切な金のマリが、泉の中におちてしまったの」

「 そうですか。では、私がひろってきてあげましょう。でもそのかわり、私をお友だちに
して、一緒にご飯を食べたり、一緒にベッドで寝かせたりしてくれますか?」

「 ええ、いいわよ」

お姫様はカエルと約束しました。でも、カエルと友だちになるのはいやなので、お姫様はカエルがマリをひろってきてくれたとたん、マリを持ってお城に走って帰りました。

次の日、お姫様がみんなと食事をしていると、だれかが戸をたたいて呼びました。

「 お姫様、戸を開けてください」

「 だれかしら?・・・!」

お姫様が戸を開けると、そこには、あのカエルがいたのです。

「 姫や、何をそんなにこわがっているのだね?」

お父さんの王様に聞かれてお姫様は、外にマリをひろってくれたカエルがいて、そのカエルとお友だちになることを約束してしまったのだと話しました。すると、王様は言いました。

「 姫や、あいてがカエルでも、約束したことはまもらなくてはいけないよ」

「 でも・・・」

「 約束はまもりなさい」

そこでお姫様は、いやいやながらもカエルを部屋の中に入れると、一緒にご飯を食べて自分の部屋につれていきました。するとカエルは、一緒にベッドで寝たいと言い出したのです。

「 まあ、カエルのくせに!」

お姫様はすっかりおこって、カエルをつまみあげると、力いっぱいかべにたたきつけたのです。ところが、カエルは下におちたとたん、やさしい目をした王子様に変わったのです。 カエルは、悪い魔女に魔法をかけられていた王子様だったのです。お姫様は王子様と仲良くなり、結婚してしあわせにくらしました。

Recordings

Comments

kiki
June 17, 2010

...Sorry about that.
そのまま普通に読むのは味気ないな、と思ったもんですから^^;

Overview

You can use our built-in RhinoRecorder to record from within your browser, or you may also use the form to upload an audio file for this Audio Request.

Don't have audio recording software? We recommend Audacity. It's free and easy to use.