All Audio Requests Matching novel

Eh
164 Words / 1 Recordings / 2 Comments
"It was not fear or dread. It was a nothing that he ..."
Eh
83 Words / 1 Recordings / 3 Comments
"It's depressingly disassociative. It's idiotic idolatry. Fan magazines fan the flames of ..."
mishall
74 Words / 2 Recordings / 0 Comments
"Лолита, свет моей жизни, огонь моих чресел. Грех мой, душа моя. Ло-ли-та: ..."
asad100101
222 Words / 1 Recordings / 0 Comments
"Plot Raskolnikov, a mentally unstable drop-out student, chooses to live in a ..."
hermux
172 Words / 2 Recordings / 0 Comments
"Il fallait donc que j’aie l’air de m’occuper sans pour autant sembler ..."
linda
494 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"第2章 涙の池 「チョーへん!」とアリスはさけびました (びっくりしすぎて、ちゃんとしたしゃべり かたを忘れちゃったんだね)。「こんどはこの 世で一番おっきな望遠鏡みたいに、ぐんぐん のびてる! 足さん、さよなら!」(だって 足を見おろしたら、もうほとんど見えなく なっていて、どんどん遠くなっているのでし た)。「ああ、かわいそうな足さん、これから だれが、くつやストッキングをはかせてあげ ..."
nene
53 Words / 2 Recordings / 0 Comments
"Suddenly, in a downstairs window that was brilliantly illuminated by a street-lamp ..."
linda
816 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"胎児よ 胎児よ 何故躍る 母親の心がわかって おそろしいのか …………ブウウ——————ンンン——————ンンンン………………。 私がウスウスと眼を覚ました時、こうした蜜蜂《みつばち》の唸《うな》るような音は、まだ、その弾力の深い余韻を、私の耳の穴の中にハッキリと引き残していた。 それをジッと聞いているうちに……今は真夜中だな……と直覚した。そうしてどこか近くでボンボン時計が鳴っているんだな……と思い思い、又もウトウトしているうちに、その蜜蜂のうなりのような余韻は、いつとなく次々に消え薄れて行って、そこいら中がヒッソリと静まり返ってしまった。 私はフッと眼を開いた。 かなり高い、白ペンキ塗の天井裏から、薄白い塵埃《ほこり》に蔽《おお》われた裸の電球がタッタ一つブラ下がっている。その赤黄色く光る硝子球《ガラスだま》の横腹に、大きな蠅《はえ》が一匹とまっていて、死んだように凝然《じっ》としている。その真下の固い、冷めたい人造石の床の上に、私は大の字|型《なり》に長くなって寝ているようである。 ……おかしいな…………。 私は大の字|型《なり》に凝然《じっ》としたまま、瞼《まぶた》を一パイに見開いた。そうして眼の球《たま》だけをグルリグルリと上下左右に廻転さしてみた。 ..."
kaptengrot
2676 Words / 1 Recordings / 1 Comments
"Upphafskaflinn í Vörninni eftir Vladimir Nabokov í þýðingu Illuga Jökulssonar: Það sem ..."
Ctrol_Esc
276 Words / 1 Recordings / 0 Comments
"A FEW MILES south of Soledad, the Salinas River drops in close ..."