All Audio Requests Matching ドンキーコング

Thomas
770 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"●2010年12月9日、ドンキーコングが帰ってきた! スーパーファミコン用として発売された名作アクションゲーム『スーパードンキーコング』シリーズの最新作『ドンキーコング リターンズ』が、満を持して登場。演出面のパワーアップに加え、Wiiリモコンを使っての操作や、ドンキーとディディーに分かれて操作する"ふたり同時プレイ"などの新要素に注目。オヤジ世代の担当編集者、ノンマルト小林が、名作の名前を継ぐに相応しい本作のプレイインプレッションをお届けする! ●冒険の始まりから楽しそうな予感 編集部にROMが届いたところでさっそくプレイさせていただいた。開幕は、ストーリー説明のムービーから始まる。冒険の舞台となるドンキーコングアイランドという島の火山が爆発し、火口の爆煙の中から楽器に似た姿のティキ族たちがたくさん飛び出してくる。ヤツらは地上に降りるなり、島の動物たちに音楽を聴かせ、催眠状態にして操り、島に蓄えてあったバナナを強奪し始めた。島の異変に気が付いたディディーコングとドンキーコング。やがて、ティキ族はドンキーコングの家にも侵入。ドンキーを操ろうと音楽を聴かせる。……ところが、ドンキーにはまったく効果なし! ドンキーは怒りを爆発させて反撃……っとここで、Wiiリモコンを振る演出になり、パンチをボカスカ食らわして、ティキ族を追い出し、バナナを取り戻す冒険が始まるのだ。数分で終わるムービーだが、物語の発端の説明はこれで十分。というか、このムービーはとてもおもしろいので必見だ。これからの物語は、プレイヤーが作っていくということで、最初のジャングルエリアのコースから冒険を始めることに。……さて、どんなことが待ち受けているのやら。 http://www.famitsu.com/news/201012/09036678.html"
Thomas
547 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"●アレ!? 難しい! トン挫したらピッグがおたすけ! ……「どんどん」とは、書いたが、じつは、そう簡単に進まないのが現状のようだ。じつは、アクションゲームが得意ではないのだ。もっと正確に言うと、ヘタクソなのである。あれよあれよという間に失敗を重ねていると……、あれ? なんか、ブタのキャラクターがサインを出しているのが見えてきた。……ヘタすぎて幻覚でも見たのかというとそうではないらしい。本作の便利機能の"おてほんプレイ"だったのだ。同じコースで8回プレイを失敗すると、この"おたすけピッグ"が登場する。さっそく指示にしたがって"おてほんプレイ"をお願いしてみた。すると、白い色のスーパードンキーとスーパーディディーが登場して勝手にプレイを進め、あっという間にコースを走破し、クリアーしてしまったではないか! 拾えるアイテムやボーナスステージを無視して進んでいくのがナンだが、これは便利。エリアマップにもつぎのコースが出現しているので、一応クリアーになっている。……うーん。でも、なんかフクザツな気持ちだが? いまはよしとしよう。いつか再挑戦し、自力でクリアーしてやる! と、思うことにした。 http://www.famitsu.com/news/201012/09036678.html"
Thomas
666 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"●まずはクリアーできて、ガッツポーズ! その後、いろいろなコースを順に試してみた。ドンキーが茶色だったか白だったかはよく覚えていない。最近歳のせいか"都合の悪いこと"はすぐ忘れてしまうようだ。だが、シリーズでおなじみの、アニマルフレンドのランビに乗ったことはよく覚えている。箱の中から登場するサイで、ドンキーが乗ることが可能。乗っているあいだはブロックも壊せるし、敵にぶつかっても平気だし……とても"都合のいい"友だちだ。ずっと乗っていたいが、そうもいかない。あ、そうそう。クランキーコングのお店でバナナコインと引き換えに購入した"もんキー"というカギ。これを使って、エリアマップのカギのかかったコースを開いてみた。このコースは、影絵のような変わった演出のコースで、夕陽がとてもキレイ。ドンキーのローリングアクションを駆使して転がって行ったら簡単にクリアーできた。ボーナスステージ? 何それ? あとは、トロッコに乗るコース。ジャンプで敵を回避したり、トロッコごと上から踏みつけたりして一気にゴールまで進んだ。ここは、うまくいったが、……もちろん、アイテムはさっぱり取れなかったぞ。だが、ガッツポーズはしかっりしてみた。効果音やBGMの力も伴って、徐々にテンションが上がってきた気がする! 難しいことだって、やればできるのだ! そして見事に達成すれば、ふつうに達成した人がエライなら、それよりも、もっとエライことをした気がする。 http://www.famitsu.com/news/201012/09036678.html"
Thomas
680 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"●難しいコースのコングラビリンス出現! ……助っ人登場! 週刊ファミ通で攻略記事が始まるというので、攻略担当として年齢が干支でふた回りも違う若いライターが手伝いにやってきた。ヘタクソな僕の手伝いだから、攻略はやり甲斐があるに違いない。「初心者はここがうまくできない」というところは僕が詳しく教えてあげるぞヤングマン! そして打ち合わせをした翌日の夕方……。彼が画面写真を撮影しているというので、様子を見に行った。画面に映っていたのは、なんか見たことのないコース。トゲドゲがいっぱいあったり、ノコギリだらけだったり、空中がタルだらけだったり……。そんな中をスイスイと進んでいくドンキーの姿。別のゲーム? の、ワケはない。これが、ウワサの"コングラビリンス"というコース。しかもエリア5! コングラビリンスは、各エリアにひとつずつある難度の高い特別なコースだ。コース中にあるアルファベットの"KONG"の4文字をすべて集めないとプレイすることができない。ちょっと待ってくれよ! ということは、一晩でエリア5までのコースを全制覇したのか? 「いえ、昼からです」だと? 「スーパーファミコンのときと同じ感じなので楽しいですねコレ」だって? まさかヤングマンにとってはフツーのことなのか? ちょっとこっちへ来い! メシをごちそうしてやろう! ..."
Thomas
930 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"●楽しみかたはいろいろだ! ふたり同時プレイも楽しいぞ 本作では、ふたり同時プレイが可能になった。ひとりがドンキーで、もうひとりはディディーを操作する。ヤングマンはうまいのでもちろんドンキー。僕はお手伝いなので(……すでに立場逆転!)ディディー役になってみた。ディディーはロケットバレルが使え、ふたりプレイのときのみピーナッツ・ポップガンという銃が撃てる。案の定、ドンキーはどんどん進んでいくわけで、自然に、ロングジャンプが必要なときだけ合体するというスタイルになった。ドンキーの背中に乗ると、操作するのはドンキーだけとなる。そのあいだディディーは背中でピーナッツ・ポップガンを撃ちまくってアシストをする大切な役目を担うことになった。……まぁ、Wiiリモコンをずっと振ってるだけなのだが。これなら小さい子供だって楽しめそうだ。もちろん50歳近いお父さんだって楽しめるわけで……。ちょっと楽すぎて退屈したので、そのままトイレに行ってしまった。帰ってきたらゲームはまだ進行中。なんと、ヤングマンがひとりでふたつのWiiリモコンを持ちながら、ふたり同時プレイをやっている。「ふたり同時プレイだと、やっぱり楽ですね」とキッパリ検証。確かに同意だが、キミと僕では言っている意味がちょっと違う気がするなぁ……。 本作は、プレイヤーの上手、下手に限らず、楽しめるゲームである。このことは身をもって体験したので間違いない。それぞれに違う目的を持つことで、どんどんおもしろくなる。うまい人のプレイは見ているだけでも楽しい。また、失敗したときに、苦い顔じゃなくて、思わず笑ってしまうような、ステキなゲームだと感じた。いつの日かタイムアタックも楽しめるようになりたい。とにかく長く遊べるので、ぜひ買って遊んでみてください! text by ノンマルト小林 ■筆者紹介 ノンマルト小林 ファミ通メディア編集部所属。ファミ通チョイスタイトルを担当し、おもに週刊ファミ通の記事を手掛ける。雰囲気から入るタイプなので、最近はバナナを食べながら『ドンキーコング リターンズ』に奮戦中です。 http://www.famitsu.com/news/201012/09036678.html"
Thomas
1001 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"●ジャグルエリアからプレイ開始! ディディーコングは頼れる相棒 本作は、スーパーファミコン版の『スーパードンキーコング』をベースにして作られている。『スーパードンキーコング』をプレイした人なら、すぐにプレイが可能だ。もちろん未プレイでもすぐになじめる。基本を説明すると、島は全8エリアに分かれていて、エリア内のコースを順にクリアーしていくことになる。各コースは、横スクロールの構成で、ドンキーを操作して右方向へ進み、ゴールを目指す。ときには、上方向や下方向に進むなどの例外もアリ! 本作は、Wii専用ソフトなので、ワイド画面だ。横スクロールアクションにはとても適しているようで、先々の視界が見やすく、『スーパードンキーコング』よりもプレイしやすいかもしれない。また、多重スクロールも駆使されていて、スピード感や奥行きのある演出で、スリル満点! バツグンの効果を発揮している。 さて、ジャングルエリアは、ドンキーの家の近くからスタートだ。このエリアにはボスのコースを含めて7つのコースがある。ひとつが隠れているので正確には8つだが……、ひとつのコースをクリアーするごとに、つぎのコースがエリアマップ上に現れ、エリアの最後にボスのいる場所が記される。ボスを倒すとつぎのエリアへ進めるのだ。ちなみにコースの数は、各エリアごとに異なっている。 ジャングルエリアの最初は、バナナジャングルというコースで、ヤシの木や遺跡のようなものが配置されている道を進んでいく。スタート時は、ドンキーだけだが、途中にある"DKバレル"をつかんで投げることで、相棒のディディーコングが出現し、ドンキーの背中に合体。ドンキーは、ディディーを背負った状態になるのだ。ひとりプレイではディディーの操作はできないが、ディディーが背負っているバレルジェットが使えるので、ドンキーは、通常より滞空時間の長いジャンプが可能になる。また、ダメージもディディーが先に受けるので、ディディーのハートの2回分と、ドンキーの2回分とを合わせた3回まで耐えられるのだ。ディディーは心強い相棒というわけ。コースの敵は踏みつけで攻撃、ジャンプで回避。障害も回避しつつコースを走破していく。さらに、ドンキー独特のアクションも駆使してどんどん進んでいこう! http://www.famitsu.com/news/201012/09036678.html"