Psst...

Do you want to get language learning tips and resources every week or two? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Queue

itsteganyay
2 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"冒険"
rabbit
29 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"あの映画は面白くないんですもの。だから、行かなかったのよ。"
arcticwind07
42 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"君はいつも次の試合に勝てるように祈るばかりで、全く練習しない。それでは他力本願だよ。"
Looja
1113 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"「ありがとう、じゃあ、さよなら」 ジェーンは先週日本に来て、毎日4時間日本語のクラスで勉強しています。先生は林という先生で、毎日2時間会話と漢字を教えて下さいます。よく分からないことがあったので、けさクラスの前に先生のオフィスに行きました。 ジェーン:先生、おはようございます。 先生:ああ、パーカーさん、おはよう。 ジェーン:お元気ですか? 先生:えっ?ええ、元気です。パーカーさんは? ジェーン:はい、元気です。 先生:あのね、パーカーさん。英語ではよく"How are you?"と言いますね。毎日会う人にも"How are you?"が使えますね。でも、日本語では毎日会う人には「お元気ですか?」と聞かないんですよ。 ..."
nikkibomb
2078 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"ここは、こうべの おうじ動物園です。いつも、5がつの おわりごろに なると、かわいい あしかの 赤ちゃんが うまれます。まさるくんも ここで うまれました。 プフープフープフー はなを 大きく ..."
samlee
175 Characters / 2 Recordings / 1 Comments
"ぼくの名前は山田・たけしです。7人家族です。母と父とそぼと妹と弟と二人います。父はせが高くて、かみのけがグレイです。母はとてもやさしい人ですが時々ちょっときびしいです。そぼは85才です。毎日さんぽをしますから元気です。妹はかわいくて、耳が小さいです。一つの弟はかみのけがあんまり高くないで目があおいです。二つの弟はかっこいくて、おんがくが大好きです。"
InputData
1098 Characters / 2 Recordings / 1 Comments
"ああいう ああいう子供がそのまま大きくなるから、若者の犯罪が増えるんだ。 ああいう思い あの事故以来、もう二度とああいう思いをしたくなくて、周りにも迷惑をかけたくないので自転車に乗ることをやめました。 ああ言えばこう言う きみの、ああ言えばこう言う的態度には実際頭に来てるんだよ。 ああだこうだ言う 済んでしまったことをああだこうだ言ってもどうにもならないだろう。 ああもしつこい 勧誘って、何でああもしつこいのだろうか。何度来られても買わないものは買わないっていうの。まったく。 相変わらず 彼は相変わらず泣き虫だ。 ..."
yahiala14
38 Characters / 2 Recordings / 2 Comments
"日本語はちょっとむずかしいです。 でも一年間ぐらい日本語を勉強しています。"
km31
348 Characters / 2 Recordings / 1 Comments
"外界から隔離された寄宿学校で“特別な存在”として育てられたキャシー、ルース、トミーを待っていたのは、あまりにも過酷で悲しい運命だった。『日の名残り』で知られるカズオ・イシグロの同名小説の映像化となる本作では、イギリスを代表する若手実力派女優のキャリー・マリガンとキーラ・ナイトレイが共演。もしかすると現実に起こりうるかも? という悲劇的可能性を秘めたショッキングな物語であると同時に、3人の男女のピュアで残酷なラブ・ストーリーでもある。深い絆でつながっているはずだと想いを貫くキャシー、孤独を恐れるがゆえに独善的に愛を奪ってしまうルース、そんな2人の女性の間で揺れ動くトミー。彼らが置かれた特別な状況ゆえに、恋愛につきものの恋の三角関係がサスペンスに昇華。鑑賞後、深い余韻を求める人におすすめ。"
Larz0rz
396 Characters / 2 Recordings / 0 Comments
"ここ2,3年英語をやる前に母語の日本語をしっかりやるべきだという考え方が主流になってきている、あるいは意図的に主流にしようとしている動きがあるように思われるが、これは一見正しいようでこれに忠実に耳を傾けて実行したら、後悔するだろう。ぼくの父親は第二次世界大戦で、戦地に行った。24年前に腺ガンで亡くなったが、まだ61歳だった。ぼくが小学校の高学年になったとき、寡黙な父が「英語はやっておけ。どこでも生きていける」と唐突に言ったが、その言葉は今でも忘れない。それは母語の日本語を疎かにすることを意味しない。英語と日本語の距離は想像以上に大きいから、ほとんどの人はネイティブの知識人のレベルまで達することができず、壁にぶつかったままである。50年間NHKのラジオ英会話をきいている人もいるくらいだが、毎年あるレベルにまで達しては、また元のレベルに戻るという意味のない作為を繰り返しているのである。"