Psst...

Hey, do you want to get language learning tips and resources every week? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Queue

Japanese5248
134 Characters / 0 Recordings / 0 Comments
"頭 ー首の上にある体の一部で、目や鼻、口、耳、脳がある部分。 店 - 商品やサービスを購入できる場所。 首 ー 頭と肩を繋ぐ体の一部のこと。 歌 - 歌のために意図されてたメロディーと詩を結合する小さな詩的な仕事。 詩 ..."
chentoufmed
Incomplete
alexwong2164
Incomplete
ZAFAR2020
439 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"シャシ(チャチ) 古代タシケントとかシャシは紀元前l川世紀に商売の中心地としてシルクロードの北道に発祥した一千年の初めごろにシャシはカンギュイ区域連邦の一員であった。3-4世紀にシャシの地名や特別のタムガが載ったコインを鋳造し始めた王朝の所有地であった。6世紀末7世紀の初めごろ土地の王朝が権力を失い、シャシはトルコの所有地になった。中流にあった地方がその影響響下に入り、銀、金、銅、鉄の鉱山があるイラクという地域もその地方の一つであった。トルコの国力が衰微し、シャシは中国帝国の属領になった。8世紀の半ばごろまでシャシは頑強にアラプ軍の攻撃を撃退した。しかし中国の探検旅行によっての町の完全な破壊後750年ごろにシャシの住人がイスラム教徒に援助を願い、シャシはアラブハリフアットに入ったのである。ハリフがシャシに銀の鉱山の2/3からなった多額の租税を徴税した。サマニー時代に町がビンケントと呼ばれるようになり、11世紀にカラハニー時代からタシケントという地名をとったのである。"
fivepps
1024 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"私の夢 「夢」って何ですか?眠るときの夢?それとも人生の目的?日常的な状況でこの質問をされれば、私の答えは後者です。なぜなら最近私はずっと自分の「未来」を考えていますから。夢とか希望とか生きている意味とか、以前はそんなことはあまり考えませんでした。だけど私はもう16歳なんです。こんなことを考え始めるのは当然ですよね?私の夢は一つだけではありませんですが、今日のスピーチは一つだけです。それではこれからみなさんに伝えます、「私の夢」。 私の夢は素晴らしい生活を送ることです。「素晴らしい」は主観的過ぎですか?私にとって、素晴らしい生活は毎日楽しい生活のことです。ぞれぞれの「楽しい」はいろいろ有るけれど、その「楽しい」の感情は誰でも同じでしょう?毎日楽しくないなら「素晴らしい」とは言いませんよね?毎日楽しい、昨日より楽しい、明日は今日より楽しい生活は私にとって「素晴らしい生活」です。それが私の夢、私の人生の目的。 でも、毎日楽しいでだけは「素晴らしい」になりませんよね?他のことも有る、たとえば誇れる仕事に勤めるとか家族や同級生や友達やと仲良しとか楽しむ趣味をするとか。誇れる仕事を求めるなら学校で成功を収めることがしますよね?人と仲良しなら「一日一膳」ですよね?楽しむ趣味をしたいなら、まあそれはどうですかな?ただ楽しいことを探しますかな? 「この夢はどうやったら叶いますか?」この質問を毎日自分に問いかけます。そして毎日も全力でがんばります、その夢を叶えるために。もちろん学校で一生懸命勉強しますが、勉強だけは足りません。スポーツも競争もしないならどこにも行けません。だから私はバスケットボールをしたり、いろんな競争をしたりします。時々失敗がありますが、 「失敗は成功のもと」と言いますよね? 「失敗は成功のもと」。このことわざはすごく当たっています。一度だけ失敗ときすぐあきらめるのはダメです。誰よりも人生に失敗があります。でも成功を求めるなら何回失敗でもがんばります。人生はそういうものですよね?仕方がないなら仕方がない状況が時々あります。「セーブポイント」とか「チートコード」とか人生の中にいませんです。だから人生には何よりもあきらめるだけはしません。みなさんも人生にあきらめるしないように。 それでは、私のスピーチは以上です。みなさんも「素晴らしい生活」を送ることが出来ますように。みなさん、ご清聴いただき、ありがとうございました。"
Justinkn
1410 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
"T:実は私たち、去年、大きな変化がありまして、去年の8月に初めてのわが子を迎えました。今9ヵ月半なんですけども、なんか父親になって大きく変わったことはありますか? A:大きく変わったこと。。。そうですねー。。 T:何も変わらない? A:変わったこと。。。まぁ楽しいのは楽しいですね。周りの人が喜んでくれるっていうのもあるし。 T:それが子供が生まれる前の生活が楽しくなたったと?? A:そんなことはもちろんなくて、また別の楽しみができたっていう感じですね。 T:なんか自分の生活に制限ができてしんどくなった思いはないですか? A:それは多少はあるけどそんなに制限っていうか、たとえ子供が産まれなくてもそれはそれなりに制限はある訳だしそのときそのときでやりたいこととやるべきことっていうのは常にあることだし。子供ができたからこれができなくてイライラっていうのはあんまりない。 T:でもやっぱり大人の人間としての対応ってできないじゃない、赤ちゃんって。言っても通じないし、こう相手も表現する言葉を持たないし。で、そういうメンバーとずっと一緒に生活するっていうのはすごく大きな変化じゃないですか? A:そうですね、なんか、いきなりそういう、子供はいきなり増えたっていうのは確かにするのはするんだけど、序々に序々に生活の中に溶け込んできたというか、子供が生まれたその瞬間っていうのは、まだ自分の子供ができたっていう実感はあんまりなくて、それが少しずつ感覚として自分の子供だっていう感覚が自分の中で大きくなってきて、で、その生活の中に入ってきたという感じがするからあんまり、いきなり大きな変化があったっていう感じが自分の中にはない。 T:なるほどね。私はね、思ったより楽しかったっていうか、楽しいっていうのが実感かな。最初はもっととてつもないものを想像してて、育児ノイローゼっていう言葉も聞くし、お母さんは大変って先入観があるからまぁ大変なのは大変なんだけど、もっと自分は振り回されて余裕のない生活になるんじゃないかと思ってたけど実際はもっと楽しいものだったっていうか、思ったよりも赤ちゃんはかわいかったっていいうか。 A:あんまり子供が生まれる前に子供がいたらこうだったっていうイメージが俺の中にはなかったので、思ったよりたいへんとか思ったより楽しいとかそういう感覚はあんまりないのかな。今は子供がいて楽しいし、まだちゃんとつかまり立ちをするようになっただけなのでこれから歩けるようになって一緒に公園なんか行って遊びに行けたら楽しいな、ちゃんとしたイメージではなくてそうなったら楽しいだろうな、ぐらいのイメージしかないから、自分の中でそういうのないかな。 ..."