Psst...

Hey, do you want to get language learning tips and resources every week? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Queue

tatomlin
1206 Characters / 3 Recordings / 4 Comments
"世界中の人々に広く親しまれている食べ物、インスタントラーメン。世界ラーメン協会のデータによると、2008年に全世界で諸費されたインスタントラーメンは、936.0億食だそうです。世界で一番インスタントラーメンをたくさん食べる国は中国で451.7億食、その次はインドネシアの137.0億食、日本の51.0億食、あめりかの43.2億食、ベトナムの39.1億食、韓国の33.4億食と続きます。一人当たりの消費量が最も多いのは勧告で、韓国人一人が食べたインスタントラーメンは1年に約69食ということです。日本では、1年に一人当たり約40食を食べています。 インスタントラーメンには袋入りラーメンとカップラーメンがありますが、多く食べられているのは、カップラーメンの方です。皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。カップにお湯を入れて3分待てば食べられるカップラーメンは、値段の安さ、簡単さ、種類の多さなどで、特に若者に人気が高く、一人暮らしをしている日本の学生の中には、カップラーメンに毎日のようにお世話になっている人もいると聞きます。 現在、東南アジアをはじめ南米、ヨーロッパ、アフリカなど世界80か国以上の国で食べられているカップラーメンですが、皆さんはこれが日本でできたということを知っていましたか。カップラーメンは、今から30年以上も前に安藤百福という人によって発明されました。安藤が一番初めに作ったかっぷらーめんは「カップヌードル」と言います。 安藤は「カップヌードル」を発明する13年前に、世界で初めて袋入りのインスタントラーメンも考えた人で、「ラーメンの父」と呼ばれています。1910年に生まれた安藤は、戦後あまり食べ物がない時代に人々がらーめんの屋台の前に長い列を作っているのを見て、家でお湯さえあればすぐ食べられるラーメンを作りたいと思ったそうです。何回も失敗をくり返しましたが、48歳の時、ついに「チキンラーメン」という袋入りインスタントラーメンの商品化に成功し、そのらーめんは大ヒットしました。ところが、安藤の成功を見て他の会社でもインスタントラーメンを作り始めたため、2年ぐらいの間にインスタントラーメンを作る会社の数がとても増えて、競争が激しくなってしまいました。それで、安藤は日本内から世界にめを向けたのです。 「おいしさに国境はない」と信じた安藤は、インスタントラーメンは国際的な商品になるに違いないと思いました。しかし、文化が違えば食習慣も違います。例えば、日本人は箸でラーメンを食べますが、箸を使わない国の人達もいます。「文化、伝統、習慣の違いを理解しなければ、国境を越えられない」と考えた安藤は、インスタントラーメンを世界に広げるヒントを見つけるため、1966年にアメリカに行きました。そして、この旅行で得たヒントをもとに、5年後にカップラーメンを作り出したのです。"
phoenixtorte
174 Characters / 3 Recordings / 2 Comments
"青くてもあるべきものを唐辛子 (あおくてもあるべきものをたうがらし) 花と実と一度に瓜の盛りかな (はなとみといちどにうりのさかりかな) 畑打つ音やあらしの桜麻 (はたけうつおとやあらしのさくらあさ) 木を切りて本口見るや今日の月 (きをきりてもとくちみるやけふのつき) 黒森をなにといふとも今朝の雪 (くろもりをなにといふともけさのゆき)"
oyatsu
77 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"コンセントとは、電源などを供給するために、家電製品などの電気器具のプラグを接続する差し込み口(プラグ受け)のうち、造営材、機器などに固定できるもののこと。"
jigittyjames
115 Characters / 3 Recordings / 2 Comments
"みなさんこんにちは。 みなさんは、蛇がきらいですか?(じつは)わたしは、蛇が好きなんですよ。 私は蛇を二匹飼っています。 蛇はふつうきらわれていますが、かわいいですよ. 一匹のなまえはしきまる。 もういっぽうのなまえはクリスです。"
bryandavid192
640 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"高校の四年間、僕はコロナド高校のロボットのクラブに入っていました。忙しい活動でしたが、そのクラブはかなり楽しかったです。顧問はよく知っている先生でした。その先生から授業でクラブの事を知りました。 毎年、始めの四週間か五週間には道具の使い方を教えてもらったり募金活動をしたりしていました。その仕方は効果的に時間を過ごせただけではなくて、「FRC」と言うロボコンの大切な準備期間でした。FRCでは毎年ロボットを使ってオリジナルなスポーツのようなゲームで勝負します。 規則を聞いた後、三ヶ月ぐらいの工作時期が始まりました。その間に厚い規則書を読んで、適当なロボットを作りました。大きさと重さと安全のガイドラインに合わなければ適格ではありません。当然、よく動ける事も重要です。毎年、別のゲームなので、点の取り方も変わります。でも、いつも「アライアンス」と言う三台のロボットの組で協力します。 ゲームの時間にはランキングとファイナルがあります。ランキングの一位から八位のチームはファイナルに進んで、全体から二つのチームを選んで、アライアンスで戦います。僕のチームは二回ファイナルに上がりました。一回目はランキングの為で、二回目は僕達がファイナリストから選ばれたのです。 僕達はがんばったけれども、優勝はできませんでした。でも、毎年、百以上のチームがいるので、三位でも凄いと思います。そして、大切な事は勝ち負けより良い友達と楽しむ事です。それがロボットのクラブが大好きだった一番の理由です。"
cold32
142 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"日本政府はアメリカの会社にリニアモーターカーを売ろうと試みています。ワシントンからニューヨークへ路線を引こうとしています。リニアモーターカーを使うと3時間から1時間まで短縮することができます。しかし、これを建設するためには、アメリカと日本の両方に多くの負担がかかります。面白いですね。"
sgtpepper
630 Characters / 3 Recordings / 0 Comments
"(1) 満員電車 日本に来て、満員(まんいん)電車にびっくりした。午後五時ごろ空港に着いたので、ラッシュの時に電車に乗らなくてはいけなかった。大きいスーツケースを持って、電車に乗った。会社員や学生がたくさん電車に乗っていたが、みんな何も言わなかった。みんな同じ顔(かお)だった。「ここには住めない」これが私の日本の第一印象(だいいちいんしょう)だった。 ある日、仕事が休みになったので、昼ごろ電車に乗った。いつもと同じ電車だが、同じじゃなかった。子どもに本を読んでいるお母さん、話しているおばあさん、音楽を聞いている高校生、みんな楽しそうだった。それから、私は電車に乗るのが好きになった。いろいろな人がいておもしろい。 (2) すっぽんなべ 私は日本料理が大好きだ。特に焼(や)き鳥が好きだ。国では日本料理は安くないからあまり食べられない。でも今は毎日食べられるので、とれもうれしい。日本にはめずらしい食べ物がたくさんある。私はめずらしい物に興味(きょうみ)があるので、おいしそうな食べ物は、なんでも食べてみる。 ある日、ホストファミリーと晩(ばん)ご飯を食べに行った。なべの中に野菜(やさい)や肉がたくさんあった。私はおなかがすいていたし、おいしかったので、たくさん食べた。ご飯の後で、お父さんが「これはすっぽんの肉で、体にいいんだよ」と言った。私は気分が悪くなった。一生に一度のおもしろい経験(けいけん)だったが、やっぱり、もうすっぽんは食べたくない。"
danpark
532 Characters / 3 Recordings / 4 Comments
"今日、日本語の授業で少しのショックを受けた。会話の練習をする時、私が指名されたけれど、またすぐに緊張する癖ガ出てしまった。それで、普段もほかの人より読むスピードガ速かったが、そのときはもっと速く読んで行った。その後、先生に授業の後で来てくださいと言われた。 授業の後、先生に行ったら、やっぱりアクセントに問題があると指摘された。私は朝鮮族だから、特有の朝鮮族の発音とアクセントがある。日本語を話す時もそうだ。しかし、朝鮮族の中でも癖ガひどいと言われた... 中学校から高校まで日本語を勉強したのに、そのときは、専門ではなく、ただ、いろいろな科目の中の一つだけだった。そして、発音とアクセントの方面の練習はなかった。6年間ずっと間違い発音をして来たので、癖ガ易く直らない。注意しても、緊張すればまた間違い発音を言うことになる。 それで、今日わたしは決心をした。今度何かスピーチがあればきっと参加しようと。最近のキャノン杯で、他の参加者よりあまり緊張する私が恥ずかしくて参加しなかったが、二度とそんな馬鹿なことをしたくない。逃げるのは惰弱な人だけがすることだ。私は絶対そんな人になりたくない。 私、きっとできると思います!!"
aelstome
78 Characters / 3 Recordings / 1 Comments
"今日はワコムタブレットを貰った。これを使うのは楽しいだけでなく、便利だ。これで書く方が簡単だ。今日は僕のほうがうれしいと思う。これから、もっと書き始めるよ!"
Iris16
766 Characters / 3 Recordings / 4 Comments
"むかし、むかし、ある所におじいさんとおばあさんが住んでいました。とても貧しくて暮らしは大変でした。 ある日のことです。おじいさんは、いつものようの焚き木を取りに山に出かけました。そこでおじいさんは、うさぎがわなにかかっているのを見つけました。おじいさんは、うさぎを助けてやりました。 数日たったある日のことです。白い着物をきた娘さんがやってきました。 「ご免ください。お邪魔します。私は火事で親と家を失ってしまいました。行くあてがありません。どうかここにおかせて下さい。何でもいたします。」 「わかりました。もしよければこの家にいて下さい。でも、ご覧の通り、貧しくて米もありません。」とおじいさん。 おじいさんとおばあさんには子供がなかったので、娘さんを我が子のようにかわいがりました。 娘さんは、たんぼや焚き木取りでおじいさんを、炊事、洗濯、針仕事でおばあさんを、一生懸命手伝いました。しかし、働けど、働けど、生活は楽になりませんでした。 満月のある晩のことです。娘さんは二人に言いました。 「おじいさん、おばあさん。実を言うと、私は、山で助けられたうさぎです。私は月から地上の友達に会いに来たのです。でも迂闊にもわなにかかってしまいました。親切にお返ししたいと思いました。でも、何のお役に立てません。おじいさん、おばあさんはいつも食べるものもなく貧しいままです。もう私ができることは・・・どうか私を食べて下さい。」 と言うや否や、娘さんは白うさぎに姿をかえると、囲炉裏で、汁物が煮られている大なべの中へ飛びこみました。 あっと言う間のことでした。汁からでた湯気が高く上がり、月まで昇っていきました。 何と、満月の中に、うさぎが微笑み、米をついているではありませんか。 ..."