Psst...

Hey, do you want to get language learning tips and resources every week? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Audio Request

tatomlin
1206 Characters / 3 Recordings / 4 Comments

世界中の人々に広く親しまれている食べ物、インスタントラーメン。世界ラーメン協会のデータによると、2008年に全世界で諸費されたインスタントラーメンは、936.0億食だそうです。世界で一番インスタントラーメンをたくさん食べる国は中国で451.7億食、その次はインドネシアの137.0億食、日本の51.0億食、あめりかの43.2億食、ベトナムの39.1億食、韓国の33.4億食と続きます。一人当たりの消費量が最も多いのは勧告で、韓国人一人が食べたインスタントラーメンは1年に約69食ということです。日本では、1年に一人当たり約40食を食べています。

インスタントラーメンには袋入りラーメンとカップラーメンがありますが、多く食べられているのは、カップラーメンの方です。皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。カップにお湯を入れて3分待てば食べられるカップラーメンは、値段の安さ、簡単さ、種類の多さなどで、特に若者に人気が高く、一人暮らしをしている日本の学生の中には、カップラーメンに毎日のようにお世話になっている人もいると聞きます。

現在、東南アジアをはじめ南米、ヨーロッパ、アフリカなど世界80か国以上の国で食べられているカップラーメンですが、皆さんはこれが日本でできたということを知っていましたか。カップラーメンは、今から30年以上も前に安藤百福という人によって発明されました。安藤が一番初めに作ったかっぷらーめんは「カップヌードル」と言います。

安藤は「カップヌードル」を発明する13年前に、世界で初めて袋入りのインスタントラーメンも考えた人で、「ラーメンの父」と呼ばれています。1910年に生まれた安藤は、戦後あまり食べ物がない時代に人々がらーめんの屋台の前に長い列を作っているのを見て、家でお湯さえあればすぐ食べられるラーメンを作りたいと思ったそうです。何回も失敗をくり返しましたが、48歳の時、ついに「チキンラーメン」という袋入りインスタントラーメンの商品化に成功し、そのらーめんは大ヒットしました。ところが、安藤の成功を見て他の会社でもインスタントラーメンを作り始めたため、2年ぐらいの間にインスタントラーメンを作る会社の数がとても増えて、競争が激しくなってしまいました。それで、安藤は日本内から世界にめを向けたのです。

「おいしさに国境はない」と信じた安藤は、インスタントラーメンは国際的な商品になるに違いないと思いました。しかし、文化が違えば食習慣も違います。例えば、日本人は箸でラーメンを食べますが、箸を使わない国の人達もいます。「文化、伝統、習慣の違いを理解しなければ、国境を越えられない」と考えた安藤は、インスタントラーメンを世界に広げるヒントを見つけるため、1966年にアメリカに行きました。そして、この旅行で得たヒントをもとに、5年後にカップラーメンを作り出したのです。

Recordings

  • インスタントとラーメン発明物語 ( recorded by toshiaki ), WEST JAPAN

    Download Unlock
  • インスタントとラーメン発明物語 ( recorded by ryujiro ), native Japanese

    Download Unlock
  • インスタントとラーメン発明物語 ( recorded by sknc3 ), unspecified accent

    Download Unlock
    Corrected Text
    more↓

    世界中の人々に広く親しまれている食べ物、インスタントラーメン。世界ラーメン協会のデータによると、2008年に全世界で諸費されたインスタントラーメンは、936.0億食だそうです。世界で一番インスタントラーメンをたくさん食べる国は中国で451.7億食、その次はインドネシアの137.0億食、日本の51.0億食、アメリカの43.2億食、ベトナムの39.1億食、韓国の33.4億食と続きます。一人当たりの消費量が最も多いのは韓国で、韓国人一人が食べたインスタントラーメンは1年に約69食ということです。日本では、1年に一人当たり約40食を食べています。

    インスタントラーメンには袋入りラーメンとカップラーメンがありますが、多く食べられているのは、カップラーメンの方です。皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。カップにお湯を入れて3分待てば食べられるカップラーメンは、値段の安さ、簡単さ、種類の多さなどで、特に若者に人気が高く、一人暮らしをしている日本の学生の中には、カップラーメンに毎日のようにお世話になっている人もいると聞きます。

    現在、東南アジアをはじめ南米、ヨーロッパ、アフリカなど世界80か国以上の国で食べられているカップラーメンですが、皆さんはこれが日本でできたということを知っていましたか。カップラーメンは、今から30年以上も前に安藤百福という人によって発明されました。安藤が一番初めに作ったかっぷらーめんは「カップヌードル」と言います。

    安藤は「カップヌードル」を発明する13年前に、世界で初めて袋入りのインスタントラーメンも考えた人で、「ラーメンの父」と呼ばれています。1910年に生まれた安藤は、戦後あまり食べ物がない時代に人々がらーめんの屋台の前に長い列を作っているのを見て、家でお湯さえあればすぐ食べられるラーメンを作りたいと思ったそうです。何回も失敗をくり返しましたが、48歳の時、ついに「チキンラーメン」という袋入りインスタントラーメンの商品化に成功し、そのらーめんは大ヒットしました。ところが、安藤の成功を見て他の会社でもインスタントラーメンを作り始めたため、2年ぐらいの間にインスタントラーメンを作る会社の数がとても増えて、競争が激しくなってしまいました。それで、安藤は日本内から世界にめを向けたのです。

    「おいしさに国境はない」と信じた安藤は、インスタントラーメンは国際的な商品になるに違いないと思いました。しかし、文化が違えば食習慣も違います。例えば、日本人は箸でラーメンを食べますが、箸を使わない国の人達もいます。「文化、伝統、習慣の違いを理解しなければ、国境を越えられない」と考えた安藤は、インスタントラーメンを世界に広げるヒントを見つけるため、1966年にアメリカに行きました。そして、この旅行で得たヒントをもとに、5年後にカップラーメンを作り出したのです。

Comments

toshiaki
Sept. 3, 2012

Thank you so much for your voice recording! This is for you! If you want read me more fast or slow, please let me know!=^-^=

I corrected some mistakes before reading. However, there is number limitation on comment space. I will send correct version directly. =^-^=

This story is very well known in Japan. I love lamen. I am eating them every couple of day which mean 15 bag of lamen a month. It is a little bit lot compare to normal Japanese. However I try to cook lamen with vegetables as much as I can. I eat bag one rather than cup one because I can cook it with vegetables. Do you often eat lamen?
Could you kindly correct this comment? =^-^=

toshiaki
Sept. 3, 2012

I realize it I can post twice here.
=^-^=
世界中の人々に広く親しまれている食べ物、インスタントラーメン。世界ラーメン協会のデータによると、2008年に全世界で諸費されたインスタントラーメンは、936.0億食だそうです。世界で一番インスタントラーメンをたくさん食べる国は中国で451.7億食、その次はインドネシアの137.0億食、日本の51.0億食、アメリカの43.2億食、ベトナムの39.1億食、韓国の33.4億食と続きます。一人当たりの消費量が最も多いのは韓国で、韓国人一人が食べたインスタントラーメンは1年に一人当たり約69食ということです。日本では、1年に一人当たり約40食を食べています。

インスタントラーメンには袋入りラーメンとカップラーメンがありますが、多く食べられているのは、カップラーメンの方です。皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。カップにお湯を入れて3分待てば食べられるカップラーメンは、値段の安さ、簡単さ、種類の多さなどで、特に若者に人気が高く、一人暮らしをしている日本の学生の中には、カップラーメンに毎日のようにお世話になっている人もいると聞きます。

toshiaki
Sept. 3, 2012

現在、東南アジアをはじめ南米、ヨーロッパ、アフリカなど世界80か国以上の国で食べられているカップラーメンですが、皆さんはこれが日本でできたということを知っていましたか。カップラーメンは、今から30年以上も前に安藤百福という人によって発明されました。安藤が一番初めに作ったカップラーメンは「カップヌードル」と言います。

安藤は「カップヌードル」を発明する13年前に、世界で初めて袋入りのインスタントラーメンも考えた人で、「ラーメンの父」と呼ばれています。1910年に生まれた安藤は、戦後あまり食べ物がない時代に人々がラーメンの屋台の前に長い列を作っているのを見て、家でお湯さえあればすぐ食べられるラーメンを作りたいと思ったそうです。何回も失敗をくり返しましたが、48歳の時、ついに「チキンラーメン」という袋入りインスタントラーメンの商品化に成功し、そのラーメンは大ヒットしました。ところが、安藤の成功を見て他の会社でもインスタントラーメンを作り始めたため、2年ぐらいの間にインスタントラーメンを作る会社の数がとても増えて、競争が激しくなってしまいました。それで、安藤は日本国内から世界に目を向けたのです。

「おいしさに国境はない」と信じた安藤は、インスタントラーメンは国際的な商品になるに違いないと思いました。しかし、文化が違えば食習慣も違います。例えば、日本人は箸でラーメンを食べますが、箸を使わない国の人達もいます。「文化、伝統、習慣の違いを理解しなければ、国境を越えられない」と考えた安藤は、インスタントラーメンを世界に広げるヒントを見つけるため、1966年にアメリカに行きました。そして、この旅行で得たヒントをもとに、5年後にカップラーメンを作り出したのです。

tatomlin
Sept. 3, 2012

Thanks so much for your recording! I copied this from my textbook this morning in a bit of a hurry, so I am sorry for the mistakes. I had a hard time typing it.

Correcting your English from above:

"If you want read me more fast or slow,"

If you want me to read faster or slower,

"Lamen" = Ramen

"I am eating them every couple of day which mean 15 bag of lamen a month."

"I eat them every couple of days, which means 15 bags of ramen a month"

"It is a little bit lot compare to normal Japanese."

It is a lot compared to normal Japanese.

"I eat bag one rather than cup one because I can cook it with vegetables"

I eat the bagged ramen (ramen in bags) rather than the cup ramen because I can cook it with vegetables"

Overview

You can use our built-in RhinoRecorder to record from within your browser, or you may also use the form to upload an audio file for this Audio Request.

Don't have audio recording software? We recommend Audacity. It's free and easy to use.