Psst...

Hey, do you want to get language learning tips and resources every week? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Audio Request

mygb
954 Characters / 2 Recordings / 0 Comments

初期、ブルース、そしてピーター・グリーン時代

1967年、ジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズのメンバーだったピーター・グリーン(ギター)とミック・フリートウッド(ドラム)を中心にボブ・ブランニング(ベース)、ジェレミー・スペンサー(ギター)の4人でバンドを結成活動を開始する。数回のギグの後ブランニングに変わってジョン・マクヴィー(ベース)が加わりライヴ、レコーデイングをおこなう。初期のバンド名はピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック(Peter Green's Fleetwood Mac)。グリーンのギブソン・ギターのレス・ポールをフィーチャーし、当時イギリスで勃興していたブルースロックのブームに乗って活動を開始した。グループ最初のLPアルバム『ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック』は1968年の2月にリリースして注目を浴びることとなる。さらに同1968年にシングル曲として録音した「ブラック・マジック・ウーマン」(後にサンタナにカバーされて大ヒットしている)を世に送り出し、8月にはLPアルバムとして2作目(USではファーストアルバム)の『ミスター・ワンダフル』をリリースしている。更にグループは変貌を続けて、初期のメンバーとしてはベストな状態となる18歳のギタリスト・ダニー・カーワン(ギター)を加入させる。トリプル・ギターによるバンドの編成は当時としては奇抜なアイデアで、グリーンとグループが思い描く常にサウンドの変化に対応するベストなポジションに有った。カーワン加入後はUS用に編集したセカンド・アルバム『英吉利の薔薇』をリリース。ヨーロッパではシングル「Albatros」がヒット・チャートに昇るなど欧州でもセールス面でも好調の兆しを見せ始めていた。 1969年1 月には遂にブルースの故郷とも言えるシカゴのチェス・スタジオに渡米してウイリー.ディクソンやバディ・ガイ、オーティス・スパンと共演して記念版的作品として残している。同年にはこの面子での最後のブルース・アルバムとも言える3作目の「ゼン・プレイ・オン」をリリースしている。

ジューダス・プリースト、ゲイリー・ムーア、ジョー・ジャクソン、エアロスミス[1]が、この時期のフリートウッド・マックの曲をカバーしている。

Recordings

  • 音楽:フリートウッド・マック ( recorded by kiki ), Tokyo Standard

    Download Unlock
  • 音楽:フリートウッド・マック ( recorded by ryujiro ), native Japanese

    Download Unlock

Comments

Overview

You can use our built-in RhinoRecorder to record from within your browser, or you may also use the form to upload an audio file for this Audio Request.

Don't have audio recording software? We recommend Audacity. It's free and easy to use.