Psst...

Hey, do you want to get language learning tips and resources every week? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Audio Request

fluermgk
1239 Characters / 1 Recordings / 0 Comments

最近、エンジニアなら 自分の 特別な専門性を持って 前に進まなければならないということを みんな共感していると思います。

しかし、そのためには毎日変化している ICTビジネスの中でどこに関心をおかなければならないのか考えてみる必要があります。

それで 今から私は ICTビジニスの いろいろな ポジションの 中で 最近、人気がある メインフレイムと クラウドに 統合させる 専門家について 発表します。

最近、WEBエフリケイセオン クラウド コンピューティングの プラットフォームが もりあがっています。ですから、小さい会社でも 大きいな 会社でも それらが 広がっています。
会社員と 学生たちは 昔の USBに 資料や プログラムなどを 保存したが、最近は
クラウド サービスを 使う場合が 多くなりました。

しかし、流通、金融, 銀行、保険、通信などの 重要な 分野では まだ メインフレームが 中心にと なって 使われています。
その 理由は 資料の 完全性と セキュリティの などで メインフレームは いまだに 安全性が 認められているからです。

クラウドの アーキテクチャーの 主要な 技術の 中に 一つの 「マルチテナント」という 技術は 物理的に サーバーは 一つだが、論理的に サーバーは 二つ以上に 分かれている デザインです。

この 技術は、ネットワークと ストレージの リソースの インフラを 共有しながら、効率的に 使えるように 開発されました。

一方、このような クラウド コンピューティング プラットフォームは 昔の 「CPU」の 処理時間を共有する メインフレーム 環境と 似ている反面、かなり 異なる点も あります。

例えば、クラウド アプリケーションは メインフレーム アプリケーションとは 違い、お互いに 情報共有が できます。

まだ 昔の 技術の メインフレームを 使っている 会社や 機関なども 最新は クラウド コンピューティングに 関心を持っています。
ただし、重要な データを 処理する分野で、新しい  技術の導入するには 大きな 危険性が あるがもしれないので、危険要素が 安定した後に、 導入するかどうかを検討するほうがよいと思います。

これは、メインフレームと クラウドを つなげる エンジニアに 大きな チャンスに なるという ことです。

伝統的な メインフレーム エンジニアは ますます へっています。そして、「JAVA」と「COBOL」両方が できる エンジニアとか メインフレームの データベースと クラウド ストレージ システムを マスターした エンジニアに 会う チャンスが あまり ないと 思います。

しかし、企業は このような エンジニアを 求めるのが確かで、ソフト ウェアエンジニアとして このような チャンスに 準備したら、キャリアに やくにたっと 思います。

これては。発表を 終わります。
ご清聴ありがとうございました。

Recordings

  • メインフレイムと クラウドに 統合させる 専門家について 発表 ( recorded by ryujiro ), native Japanese

    Download Unlock
    Corrected Text
    more↓

    最近、エンジニアなら 自分の 特別な専門性を持って 前に進まなければならないということを みんな共感していると思います。

    しかし、そのためには毎日変化している ICTビジネスの中でどこに関心をおかなければならないのか考えてみる必要があります。

    それで 今から私は ICTビジスの いろいろな ポジションの 中で 最近、人気がある メインフレイムと クラウドに 統合させる 専門家について 発表します。

    最近、WEBエフリケイセオン クラウド コンピューティングの プラットフォームが もりあがっています。ですから、小さい会社でも 大きな 会社でも それらが 広がっています。
    会社員と 学生たちは 昔の USBに 資料や プログラムなどを 保存したが、最近は
    クラウド サービスを 使う場合が 多くなりました。

    しかし、流通、金融, 銀行、保険、通信などの 重要な 分野では まだ メインフレームが 中心と なって 使われています。
    その 理由は 資料の 完全性と セキュリティなどで メインフレームは いまだに 安全性が 認められているからです。

    クラウドの アーキテクチャーの 主要な 技術の 中 一つの 「マルチテナント」という 技術は 物理的に サーバーは 一つだが、論理的に サーバーは 二つ以上に 分かれている デザインです。

    この 技術は、ネットワークと ストレージの リソースの インフラを 共有しながら、効率的に 使えるように 開発されました。

    一方、このような クラウド コンピューティング プラットフォームは 昔の 「CPU」の 処理時間を共有する メインフレーム 環境と 似ている反面、かなり 異なる点も あります。

    例えば、クラウド アプリケーションは メインフレーム アプリケーションとは 違い、お互いに 情報共有が できます。

    まだ 昔の 技術の メインフレームを 使っている 会社や 機関なども 最新は クラウド コンピューティングに 関心を持っています。
    ただし、重要な データを 処理する分野で、新しい  技術導入するには 大きな 危険性が あるもしれないので、危険要素が 安定した後に、 導入するかどうかを検討するほうがよいと思います。

    これは、メインフレームと クラウドを つなげる エンジニアに 大きな チャンスに なるという ことです。

    伝統的な メインフレーム エンジニアは ますます へっています。そして、「JAVA」と「COBOL」両方が できる エンジニアとか メインフレームの データベースと クラウド ストレージ システムを マスターした エンジニアに 会う チャンスが あまり ないと 思います。

    しかし、企業は このような エンジニアを 求めるが確かで、ソフト ウェアエンジニアとして このような チャンスに 準備したら、キャリアに やくにたと 思います。

    これては。発表を 終わります。
    ご清聴ありがとうございました。

Comments

Overview

You can use our built-in RhinoRecorder to record from within your browser, or you may also use the form to upload an audio file for this Audio Request.

Don't have audio recording software? We recommend Audacity. It's free and easy to use.