Psst...

Do you want to get language learning tips and resources every week or two? Join our mailing list to receive new ways to improve your language learning in your inbox!

Join the list

Japanese Audio Request

Prov
2226 Characters / 1 Recordings / 0 Comments
Note to recorder:

Please record at natural speed. Please pause at least one second after sentences. And a longer pause after paragraphs.
Many thanks in advance.

Source text - http://en.wikibooks.org/wiki/Japanese/Reader/Issunboushi

むかし むかし、 ある ところ に おじいさん と おばあさん が いました。 子ども が いなかった ので おじいさん と おばあさん は さびしく て、 「手 の 指 ほど の 小さい こども でも いい から おさずけ ください。」 と おてんとうさま に お願い しました。 ある日、 本当 に 手 の 指 くらい の こども が 生まれて きました。 おじいさん と おばあさん は よろこび ました。 とても 小さい 男の子 だった ので、 いっすんぼうし という 名 を つけ、 かわいがって そだて ました。 けれども、三年 たっても いっすんぼうし は ちっとも 大きく なり ません。 五年 たっても、 大きく なり ません。 十年 たっても、 いっすんぼうし は まだ 生まれた とき と 同じ ように 手 の 指 の 高さ の 男の子 です。 おじいさん と おばあさん は しんぱい に なり ました が、 いくら だいじ に して も、 いくら 食べ させて も いっすんぼうし は 大きく なり ません。
 小さな いっすんぼうし は、 家 で おばあさん の てつだい も できない し、 畑 で おじいさん と いっしょ に 働いて も 草 を 一本 しか はこべ ません。 いっすんぼうし は おどり と うた が じょうず に なり ました が せ が のび ない ので 仕事 が でき ません。 それ に 村 の こども たち に いつも ばか に されて いました。 みな は いっすんぼうし の こと を 「ちび、 ちび」 と よんで いました。 いっすんぼうし は つまらなくて ある日 たび に でかける こと に し ました。 おじいさん と おばあさん に 「わたし は みやこ に 仕事 を 見つけ に 行き ます。」 と 言い ました。 おじいさん と おばあさん は さびしかった けれども、 しかたがなく、 いっすんぼうし に おわん と おはし と はり を 持たせ ました。 そして、 いっすんぼうし は おわん を 傘 の かわり に かぶって、 はり を 刀 に し、 おはし を つえ の かわり に して みやこ に むかって 歩き はじめ ました。
 いっすんぼうし は 歩き つづけ ました が、 行け ども 行け ども みやこ は 遠く て まだ つき ません。 とちゅう で、 あり に 会って、 道 を たずね ました。
「たんぽぽ よこちょう、
 つくし の はずれ、
 川 を あがる。」
と あり が 教えて くれ ました。いっすんぼうし は たんぽぽ の 中 を 歩き、 つくし の 中 を 歩き つづけて、 川 に つき ました。かぶって いた おわん を 船 に して、 おはし の つえ を かい に して、 いっすんぼうし は 力いっぱい 川 を こぎ あがって 行き ました。 やっと、 大きな 橋 の ところ に 来る と、 おおぜい の 人 が その 橋 を 渡って いた ので、 「ここ は みやこ だ。」と 思って いっすんぼうし は おわん の 船 を おり ました。
 みやこ には 人 が たくさん いて、 いそがしそう に あちこち 歩いて い ました。 小さな いっすんぼうし に とって、 こんで いる 道 は あぶない 場所 でした。 「つぶされ ない ように 気をつけ よう。」と 思って、 いっすんぼうし は 町 を 歩き ました。 しずかな 道 を 通って 立派 な おやしき の 前 に 出 ました。 そこ は 大尽 の 家 でした。 いっすんぼうし は げんかん の ところ まで 行って 「ごめんください。 お願いします。」 と よび ました。 すると、 だれか が やって 来て、 「声 が 聞こえた けど だれ も い ない な。」 と 言い ました。 「ここ に います。げた の そば に い ます よ。」 と 小さな いっすんぼうし が 答え ました。その 人 は げた の 方 を のぞいて そこ に 見た こと も ない 小さい 人間 が いた ので おどろき ました。そして いっすんぼうし を つまみ あげて、 おひめさま の ところ に つれて 行き ました。 おひめさま の 前 で いっすんぼうし は おどったり、 うたったり し ました。 たいへん じょうず だった ので、 みな は びっくり し ました。 とくに おひめさま は その 小さな 男の子 が かわいく て、 いつも そば に いて ほしく なり ました。 いっすんぼうし は 大尽 の 家 で せいかつ する こと に なって、 本 を めくったり、 墨 を すったり して おひめさま の てつだい を して すごし ました。 はり で 刀 の れんしゅう も ねっしん に し ました。 おひめさま が でかける 時 は、 いつも いっすんぼうし を つれて 行き ました。
 ある 日、 おひめさま は きょうみずでら に かんのん さま を お参り に 行き ました。 その 帰り道 で、 とつぜん わるい おに が やって 来て、 おひめさま を おそい ました。 おに は おひめさま を さらおう と し ました。 いっすんぼうし が 声 を 上げて 「いっすんぼうし ここ に あり。 かくご しろ。」 と さけび ました。おに は いっすんぼうし を つまみ 上げ、 手 の 指 くらい の 男の子 を 見て、 「そんな に 小さな おまえ に 何 が できる。 この ちび め。」 と あざわらい ました。 そして、 いっすんぼうし を のみ込んで しまい ました。 でも、 おに の おなか の 中 で、 いっすんぼうし は はり の 刀 で あちこち さし ながら、 上 に のぼって 行き ました。 「いたい、いたい。」 と おに が さけび声 を 上げ ました が、 いっすんぼうし は 力いっぱい さし つづけて、 おに の 鼻 から とび 出て きました。 おに は こうさん して にげて 行き ました。
 おひめさま は おに が おとした たからもの を 拾って、 いっすんぼうし に こう 言い ました。 「これ は おに の たからもの で、 うちでのこづち という もの です。 これ を ふれ ば、 願い が かなう そう です よ。」 たすけ られた おひめさま は いっすんぼうし に 「あなた は 何 が ほしい の です か。」 と きき ました。 「大きく なり たい です。」 と いっすんぼうし が 答え ました。 おひめさま は 「大きく なれ、 大きく なれ。」 と 言い ながら うちでのこづち を ふり ました。 すると、 いっすんぼうし は みるみるうちに 大きく なって、 立派 な わかもの に なり ました。 そして 大尽 の 家 に 帰って、 おひめさま は 大きく なった いっすんぼうし の およめさん に なり ました。 いっすんぼうし は おじいさん と おばあさん を みやこ に よびよせて、 みな は いっしょ に 長く しあわせ に くらし ました。 めでたし めでたし。

Recordings

Comments

Overview

You can use our built-in RhinoRecorder to record from within your browser, or you may also use the form to upload an audio file for this Audio Request.

Don't have audio recording software? We recommend Audacity. It's free and easy to use.

Sponsored Links